「お金」が何かを知りえるために

以前、「「愛情」が何かを知りえるために」という形で、俺が考える愛情についてのまとめを書いたことがある。

それと同じように、お金についても書いてみよう。

 

お金で人の心を買うことはできない。

なぜならば、お金そのものが人の心なのだから。

 

お金が大切、という言葉をみなよく口にする。

しかし、何のために大切なのかということについて聞くと、明確な答えが帰ってくることはあまり無い。

生活をしていくために必要だと答える人もいる。

が、お金が無い時代でも、人々は生活をしていたのだから、それは明確な答えじゃない。

 

なぜお金が大切なのか。

それは、心が大切だからに他ならない。

 

人は、心を無くせば生きていく事はできず。

より多くの心を得られれば幸せに生きて行く事ができる。

お金においても、今の世では、お金を無くせば生きて行く事はできず。

より多くのお金を得られれば幸せに生きて行く事ができる。

みんなが、思っていることだと思うのだけれど。

それは、お金と心がほぼ同じものだからこそ、そう思うことができる。

 

お金にかかわる仕事に間違いが許されないのは。

それが人の心を扱うのと変わらないことだからである。

人の心を扱う仕事において間違えがあれば。

それはその人の中にずっと残り続けるのだから。

 

お金を払ったり、給与としてもらったりする事についても。

そこに誠意や代償が求められるのは、お金が心と同じようなものだからである。

今の世は、どのようなものでも、たいていの場合は値段が決められており。

たとえその内容が期待にそぐわないものであったとしても、払うお金の量は変わらない。

でも、その内容が払う金額にそぐわないということは。

本来その内容に対してするべき感謝よりも多くの感謝を強要してしまっているに過ぎず。

強要されるからこそ、人はそこに失意や怒りを持つのである。

 

しかし、たった一つ、心とお金が違う点があり。

その違いがために、お金は人を欺き、貶めることがある。

その違いとは、お金が目に見えるものだということだ。

 

目に見えるものであるがゆえに、人はより多くのお金を求めたりする。

それも、幸せになるために必要になる量よりもはるかに多く。

 

必要以上に多くの心を集めようとする事はおろかなことである。

必要以上の心を集めようとすれば。

そのときに集める事のできる心は、そのほとんどが、感謝などではなく。

怒りや恨み、妬みなどになってしまう。

そのような思いを集めたところで、人は少しも幸せになることなどできない。

 

しかしながら。

時に、人は必要以上の心を与えられるときがある。

思うよりも多くの人々から感謝され、慰められ、尊敬されるときがある。

そのような時は、たとえ必要以上の心を差し出されたとしても。

その中から自分が必要なだけの感謝を受け取るようにすればよい。

そうすれば、幸せに生きて行く事ができるのだから。

 

必要なだけのお金をもらうためにしなければならないこととは。

それは、お互いがお互いを尊重し、お互いが相手のために必要なものを分け与える事だけである。

自分が相手にしてあげられる事をすれば。

相手もそれに答えてくれる。

しなければならないことは、そんな単純な事なのである。

 

また、たとえ、その手にあるお金が少なくとも。

手に入れられるお金や、与えられるお金が少なくとも。

人から与えられる心が多ければ。

人に与える事のできる心が多ければ。

それがお金の代わりとなって、人は幸せに生きていく事ができる。

幸せに生きていくために、お金が必要なわけではないのだから。

 

広告
カテゴリー: 生活 パーマリンク

「お金」が何かを知りえるために への2件のフィードバック

  1. ♪ねこねずみ♪ より:

    お久しぶりです。
     
    >人から与えられる心が多ければ。
    >人に与える事のできる心が多ければ。
    >それがお金の代わりとなって、人は幸せに生きていく事ができる。
    >幸せに生きていくために、お金が必要なわけではないのだから。
     
    そうですね。
    一人の人間が、その人生の中で、いろいろなことを学び考え感じる。
    そして、外に向かって、何かを発信する。
    外界や自分の内からINPUT→人間(五感で受けて、脳で処理)→外界へ向けて表現OUTPUT
    こういう図式でしょうか。
    この「OUTPUT」の部分が、人間の存在意義の一つなのかなと思っています。
    どんなものを出そうと、それは、その人の表現だから、個人に責任が帰属するのだと思います。
    ある意味、こわいことですね。だからといってはなんですが、誠実に生きたいですね。
     
    ちょっとわけのわからないことを書きました。ごめんなさい。

  2. tomcat より:

    ども^^遅い応答すみません;;
     
    っと、いや、なんだかむずかしいおはなしに・・・w
    単純に、お金がなくたって、心をかけてあげた相手からはそのお返しが来るはずだし、
    そのお返しによって、たとえば食べ物をお返しされたりしたことによって、
    人間は生活していけるものだから、というだけの意味だったんですけどね^^;
     
    っと、表現のおはなしについては、なんとなくどういです。
    そうですねぇ・・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中