「特別な私」。

長きにわたって事故のことがトップだと心配もされちゃうので、そろそろ置き換えです。
事故の方はちょっとずつかたがつき始めています。
ごしんぱいなく(^-^)

今日、通勤途中、電車に乗っていった時のこと。
若いお姉ちゃんが一人、やたらとガンバって、領域確保していました。
玉突きで押されて押しちゃったら、肘でぐりぐりあっちいけされまして。
ちょこっと痛かったです。

いや、なんかキャリア狙ってるのかな?と思わんばかりの雰囲気醸し出してたわけですが。
んー、「別に君は特別じゃないんだよ」って伝えたくなりましたよ。

もちろん、一人一人は特別なんだけど。
なにも、いつでもどこでも特別じゃないといけないわけじゃないし。
「特別」が「悪い」ことになる時だってあるわけで。

一体、いつ、どこで自分が特別であるべきか。
そのばそのばできちんと判断できるようになっていかないとさ。
自分がつらくなっちゃうんだから。

まぁ、きっとそんなことを言ってもわかってはくれないんだろうけどね。
自分で気付かないと、納得できないんだから。

広告
カテゴリー: 生活 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中